記事一覧

新型SR400先行予約受け付けています

アップロードファイル 225-1.jpgアップロードファイル 225-2.jpgアップロードファイル 225-3.jpgアップロードファイル 225-5.jpg

YSP延岡では、新型SR400の先行予約を承っております
いち早く新型SRに乗りたいあなた!
YSPはヤマハの専門店です
買って安心、乗って安心ヤマハの事ならヤマハディーラー
YSP延岡へどうぞ

ヤマハ発動機株式会社は、30年を超えるロングセラーモデルとなっている「SR400」について、F.I.※を新たに採用するなど、優れたドライバビリティと環境性能を備えた2010年モデルを設定、2009年12月21日より発売する。

 「SR400」は、1978年3月の発売以降、シンプルな外観と空冷単気筒エンジンの鼓動感あふれる走りで幅広い年齢層から支持を得ているロングセラーである。今回の2010年モデルは、燃料供給系にF.I.を採用し、優れたドライバビリティと環境性能を両立させた。スタイリングは初代からの流れを受け継ぎつつ、レトロモダンなメーターパネルや新作のサイドカバー、エンブレムなどを採用し外観クオリティの向上を図っている。カラーは、SR400の定番として人気の「ブラック」と、ゴールド系グラフィックとの調和でレトロさを醸し出す「レッド」の2色を設定した。

          ●主な変更点

1)F.I.(フューエルインジェクション)の採用
 現行のキャブレター式に替えF.I.を採用した。スロットルボディも新設計し、ここに配した12孔インジェクターが数十ミクロン単位に微粒子化された燃料を高圧で噴射、素早い燃焼を促進し、優れたドライバビリティ、環境性能に貢献する。また、F.I.用の燃料ポンプをサイドカバー内側のサブタンクに配置し、個性的なティアドロップ型メインタンクの造形を継承した。

2)フルトランジスター点火
 点火系にはスパークを良好に制御できるフルトランジスター方式を採用してF.I.との最適化を図った。あわせてイグニッションコイルも仕様変更を行った。

3)新設計マフラーと02フィードバック制御の三元触媒
 表面にナノ膜コーティング処理を施した新設計エキゾーストパイプを採用した。また、マフラーも新設計して心地よい単気筒の排気サウンドと優れた環境性能を両立させている。マフラー内には白金など貴金属を塗布したハニカム触媒を配置。エキゾーストパイプに装備したO2センサーの情報はF.I.の燃料補正にフィードバックされ、空燃比を最適化して触媒機能を効率よく引き出している。

4)クラッチ操作荷重低減
 クラッチスプリングの仕様変更により、クラッチ操作荷重を約30%低減、軽く滑らかな操作性を実現し、優れたドライバビリティに貢献させている。

5)新作メーターパネル
 ホワイト基調のメーターパネルは、レトロモダンなフォントを採用し、ロングセラーモデル「SR」らしさを強調した。またメーターには燃料残量警告ランプを設けた。

6)その他の変更
 1)「SR」立体エンブレム装備の新サイドカバー、2)ブラックアルマイト処理フロントブレーキキャリパー&ディスクインナー、3)操作性に優れた新作サイドスタンド、など。

「SR400」
577,500円
(本体価格550,000円、消費税27,500円)