記事一覧

2010年モデル新型ビーノ発表です

レトロポップなVinoの2010年モデル
レトロポップなスタイリングと環境性能に優れた4ストローク50ccエンジンを搭載するVino。今年でデビュー13年となるロングセラーモデル。「Vino」、メッキの外装パーツを充実させた「Vino Deluxe」、そしてDeluxeにリモコン機能を付けた「リモコンVino」3モデルをラインナップしています。
「Vino」の新色はレッド。
カラーリングを担当したデザイナーの言葉を借りると“さんさんと降り注ぐ太陽の日差しを浴びて真っ赤に熟したトマト”をイメージしたレッド。可愛くもありナチュラルでもある、その元気なカラーリングの「Vino」で街を流せば、地中海の日差しを浴びて走っているような気持ちになっちゃいそうですね。
アップロードファイル 254-1.jpg
↑「Vino」の新色、ヒートレッド(レッド)
アップロードファイル 254-2.jpg
「Vino Deluxe」の新色はブラックパープル。
デザイナー曰く、秘めるほどに存在感を際立たせ、魔法のように素材の魅力を引き出すバルサミコをイメージしたブラックパープル。大人系かつラブリーで、ミステリアスなカラーリングは、まるで魔法にかかったように乗る人の魅力を深く引き出すことでしょう。
↑メッキ外装パーツを充実させた「Vino Deluxe」の新色、パープリッシュブラックパール2(ブラックパープル)
ボディカラーを引き立たせるためヘッドライト周りにメッキ処理を施した「Vino Deluxe」と「リモコンVino」は そのスタイルがグッと大人っぽくなりました。
アップロードファイル 254-3.jpg
↑こちらは「リモコンVino」。ボディカラーとメッキパーツのコントラストがはっきりして、フロントフェイスの印象がより強くなりました。
アップロードファイル 254-4.gif
「ビーノ XC50」
193,200円
(本体価格184,000円/消費税9,200円)
「ビーノ XC50D」
198,450円
(本体価格189,000円/消費税9,450円)
「ビーノ XC50R」
201,600円
(本体価格192,000円/消費税9,600円)
※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。