記事一覧

プロが語るヤマハモデル「トリッカー」

報道関係者向けに開催された「2010 ヤマハ一気乗り試乗会」にお集まりいただいたメディアの方々にヤマハモデルの魅力を語っていだだく「プロが語るヤマハモデル」シリーズ。

今回は、『トリッカー』のインプレッションをお送りします。
アップロードファイル 319-1.jpg
“フリー ライド プレイバイク”という新しい楽しみかたを教えてくれたトリッカーも、今年でデビュー6年。2008年にはF.I.を採用しトルク感・環境性能が向上。さらにシート形状やフロントサスペンションのセッティング変更により乗り心地も向上しました。
進化を続けるトリッカーに、メディアの皆さんはどのような感想を抱いたのでしょう。

「モトチャンプ(三栄書房)」編集部のパッチさんは、今回が初めてのトリッカー体験。しかも、あまりいいイメージは持っていなかったとのこと。実車はいかがでしたか?
アップロードファイル 319-2.jpg
↑「モトチャンプ(三栄書房)」編集部のパッチさん

「トリッカーってカッコいいじゃないですか。デザインはいいけど、乗り味は二の次になってるんじゃないかと思っていました。……すいません! いい意味で予想を裏切られました。特に感じたのは足回りのよさ。オーバーもアンダーもステアが出ないので、自分のラインをしっかりトレースできる。つまり、安心してコーナーをクリアできるんです。個人的にはモタードに近い印象を受けました。ポジションもオフっぽくないですから、どちらかというとロード寄りなのかなと。街乗りやツーリングの合間にちょっとオフも、といった感じで、肩の力を抜いて楽しみたいですね。」

「Begin(世界文化社)」編集部の竹内さんは、トリッカーに明るい未来を感じたそうです。
アップロードファイル 319-3.jpg
↑「Begin(世界文化社)」編集部の竹内さん

「バランスのいいバイクですね。軽くてパワーもあるし、低速でもフラつかない。乗ってて不安もストレスも感じないんですよ。誤解を恐れずに言えばママチャリのような感じですね。
自転車のような感覚で気軽に乗れるし、行動半径も大きく広がる。日常と非日常の垣根をあっさりと取り払ってくれるマシンだと思います。「ツーリングに行くぞ!」と気構えなくても、散歩気分で足を伸ばして、知らない景色を見に行く気分にさせてくれる。試乗している間、トリッカーと過ごす楽しい未来を想像してしまいました。」

「ヤングマシン(内外出版社)」編集部の小暮さんは、操る楽しさを教えてくれるマシンだと語ってくださいました。
アップロードファイル 319-4.jpg
↑「ヤングマシン(内外出版社)」編集部の小暮さん

「車体が軽く、取り回しもいいので、日常の足として使われていることが多いイメージがあるのですが、実はワインディングも凄く気持ちいいんです。軽くてコンパクトな車体、足つきのよさからくる安心感。そして、アクセルを開けきってしまうまで楽しめる、ちょうどいいパワー。マシンの性能をしっかりと引き出しているという感覚を誰もが味わえるんです。狭い峠道だったら大型よりも楽しいし、ちょっと腕のいい人なら速く走れると思います。」

トリッカー詳しくはこちら↓↓
http://www.yamaha-motor.jp/mc/lineup/sportsbike/tricker/


YSP延岡では34周年記念創業祭を開催中です
↓↓↓トリッカー34周年記念価格↓↓↓
http://www.ysp-nobeoka.com/kokusan/tricker-g.html


お問い合わせ先
延岡市旭ヶ丘6-1-1
0982-37-5161

http://www.ysp-nobeoka.com/inquiry.htm
メールでのお問い合わせ先
info@ysp-nobeoka.com
YSP延岡へは
http://www.ysp-nobeoka.com/shop.htm#map
YSP延岡のHP
http://www.ysp-nobeoka.com