記事一覧

ヤマハNewモデル試乗会に行ってきました!

アップロードファイル 723-2.jpg

オートポリスのレイクサイドコースでヤマハのNewモデル試乗会に行って『MT-09 TRACER ABS』『BOLT C』『YZF-R3 ABS』に乗ってきました
アップロードファイル 723-1.jpg

私の試乗会のテーマは『真剣に乗る』

 私はプロのライダーでもなくセッティングにシビアな人間じゃないので
ちょっと乗ったくらいじゃなかなかわかかりません
いつも出来る限り自分のレベルで真剣に乗らせて頂いています

原付ならともかく、50マンも100マンもするオートバイが
ゆっくり走ったら乗り心地が良いに決まってます
悪いはずがありません!
ですのである程度負荷をかけた走りをさせてもらってます

わかりにくいと思いますが私なりのインプレッションです(笑)

『ボルトC-SPEC(ボルトカフェ)』
$file2
アメリカンとはアメリカのどこまでも真っ直ぐな道を、いかに楽に安定して走るか!
そんなアメリカンをカートコースで走ったら乗りにくくて当然ですよね

でも、曲がらなくて当然のアメリカンを
セパハン気味にし、フロント荷重で旋回性を良くして
ステップを後ろにしてバンク角を増やすのだから
乗りやすくて当然ですよね
アップロードファイル 723-3.jpg
と、思っていましたら

乗ってみるとホントに乗りやすいのです
ナニがどう乗りやすいのか・・・

まず姿勢が楽です
セパハンの割には窮屈ではなく思ったよりハンドルの位置が高く前傾姿勢過ぎずハンドル操作がしやすいです

ステップは言うほどバックステップではなく
程よい後ろ加減です

そのおかげで体が『逆くの字』にならずに上半身軽い前傾ですみます
バックステップでよくあるのが
ステップの位置が後ろで、しかも足の位置が上過ぎたポジションで重心が不安で踏んばれないって事もなく程良い位置です

私のアメリカンバイクの走らせ方の
進入でステップが擦るところを探りながら車体を寝かせ
ステップが地面と軽く接触したらその状態を維持して旋回し

ある程度旋回したらクリッピング付近でアクセル開けてリア荷重で曲げてリア荷重でグイグイ走る走り方で
他のバイクにも負けない走りをさせてもらいました!
アップロードファイル 723-4.jpg
アメリカンスタイルがお好きな方で
ツーリングの時にカーブが続く山道で正直なところ仲間から離されてしまうのが悔しい貴方!
このボルトカフェがオススメですよ!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

お問い合わせ先
http://www.ysp-nobeoka.com/inquiry.htm
メールでのお問い合わせ先
info@ysp-nobeoka.com
YSP延岡へは
http://www.ysp-nobeoka.com/shop.htm#map
YSP延岡のHP
http://www.ysp-nobeoka.com


大きな地図で見る

http://www.ysp-nobeoka.com