記事一覧

全日本ロードレースYSPレーシング結果

アップロードファイル 138-1.jpg
■大会名称:2009全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦オートポリス大会
■カテゴリ:JSB1000クラス■開催日:2009年5月24日(日)
■会場:オートポリスサーキット(4.674Km)
■観客:24,800人(2日間合計)■天候:曇り■コース:ドライ ■PP:山口 辰也(Honda/1分49秒714)
■FL:伊藤 真一(Honda/1分50秒571)
YZF-R1を駆る中須賀が3位!
今季初の表彰台を獲得

アップロードファイル 138-2.jpg
YSP九州大応援団の祈りが通じたのか見事表彰台をゲットしました
予選5番手からスタートしたYSP・レーシング・チームの中須賀克行が、今季初の表彰台獲得となる3位でチェッカーを受けた。

レース序盤、山口辰也(ホンダ)、酒井大作(スズキ)、中須賀、伊藤真一(ホンダ)、柳川明(カワサキ)がトップグループを形成。しかし、3周目になると柳川が遅れはじめ、これでトップグループは4台に絞られる。
その後、コンマ数秒差のほぼ等間隔で周回は消化されていくが、中須賀は伊藤にかわされて4番手に後退すると、7周目あたりから徐々に遅れはじめ単独走行となる。

14周目に入りトップの山口がスパートする一方、15周目の第2ヘアピンで3番手を走行していた伊藤が転倒。そしてこの伊藤と接触した酒井がコース外に押し出される形で失速。これで中須賀が一気に2番手に浮上する。しかし、中須賀はペースを取り戻した酒井とバトルを展開するが、16周目の第2ヘアピンで再び先行を許してしまう。

その後、中須賀は、酒井の後方で再度逆転のチャンスをうかがうが、残り僅か2周となった周回数の間に、その機会は訪れず、優勝の山口、2位の酒井に続き3位でチェッカーとなった。

なお、SP忠男レーシングチームの大崎誠之は5位入賞。RT森のくまさん佐藤塾の横江竜司はオープニングラップで転倒しリタイヤとなった。

アップロードファイル 138-3.jpg
中冨、武田、宮崎が4〜6位入賞!佐藤は予選順位を大きく上回る9位完走
昨年までスーパーバイク世界選手権に参戦していたHitMAN RC甲子園ヤマハの中冨伸一が、全日本復帰2戦目にして4位入賞を果たした。そして中冨のチームメート武田雄一が5位、ポールシッター宮崎敦(TEAM DAYTONA)が6位、予選18番手からスタートしたYSP・レーシング・チームの佐藤裕児は9位でレースを終えた。
アップロードファイル 138-5.jpg


レース序盤は、岩田悟(ホンダ)、小林龍太(ホンダ)、スポット参戦のペレ・リバ(カワサキ)がトップグループを形成。その後、手島雄介(ホンダ)がこの争いに加わるが、10周目の第1ヘアピンで岩田が転倒。さらにレース終盤では小林が遅れはじめ、最終ラップでリバをパスした手島が優勝した。

18番グリッドからスタートし、オープニングラップを17番手で終えた佐藤は、2周目の第2ヘアピン立ち上がりで他車と接触するとコースアウトしてしまう。これで一時は19番手に順位を下げる。ところがそこから着実な挽回を見せると、10周目にポイント圏内の15番手となり、14周目までに9番手に上がるとそのポジションをキープして9位でゴール。
一方、レース中盤以降でペースが落ちたポールシッターの宮崎に代わって、中冨、武田の2人が徐々に順位を上げ、中冨が4位、武田は5位、宮崎は6位でチェッカーを受けた。

アップロードファイル 138-4.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.ysp-nobeoka.com/blog/diary-tb.cgi/138

トラックバック一覧

未承認 from 未承認
管理者に承認されるまで内容は表示されません。
2015年08月27日(木)20時15分 受信